金がいるんだ!ジャニオタだから!

【UPS】海外からの荷物を受け取る流れ。関税支払い、国内業者への引き渡しなどについて。

2019/03/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
すあま
ねぇ!私ジャニオタ! (すっぴん部屋着でパソコンに向かい、自担への献上金づくりをしています。基本スボラ主婦。現場では別人。)

BUYMAのお仕事で、商品の発送を一部引き受ける事になりました。
海外にお住いのクライアントさん(BUYMAショッパー)からのご依頼ですが、私自身、国際貨物を受け取ることが初めてだったので、最初は分からないことだらけでした。現在までに分かったことなどをまとめておきたいと思います。

流れとしては、クライアントさんが現住である海外で買い付けたブランド品を、私の自宅へ直送します(国際貨物便)。受け取った国際貨物便を開封(検品)し、お買い上げいただいた日本のお客様の方へ発送します。

なぜ、私の方へ送るワンクッションが入るかについては、別の記事で書きたいと思います。

UPSの国際貨物の受け取り

現在、2ブラントの配送代行をしています。
ブランドAとブランドBとしますが、ブランドAは「UPS」、ブランドBは「Fedex」を利用。
どちらも、クライアントさんが現地で商品を確認&決済をしますが持ち帰らずに、ブランドショップの方で配送手続きをします。どちらもユーロ圏ですが、およそ2~3日で日本に到着するようなスケジュールです。

どちらの場合でも、ブランドショップの方から、発送手続き後、追跡番号(トレッキングNo.)を、クライアントさん経由で教えてもらっているので、だいたいいつ日本の私の方で受け取れるのか予想がつきますので助かります。

国際貨物便ですので、日本に荷物を入れるときには、関税の支払いがあります。最初は関税なんてどうやって払うんだろう?と謎でしたが、意外に簡単でした。

(私は首都圏に住んでおりますが、お住いの地域によっては、日本に荷物が入ってからの取り扱いが異なるケースがありますのでご了承くださいね)

UPSの場合、国内引き受けはヤマト運輸

お住いの地域がUPSの営業所の近くにあれば、直接UPSが運んできてくれると思いますが、UPSの営業所は少ないので、貨物が日本に到着したら、ヤマト運輸に引き継がれているのではないかと思います。

私の自宅へもクロネコさんが運んで来てくれます。UPSとヤマト運輸の2つの追跡番号が入った伝票で到着しますが、ヤマト運輸に引き継がれた後にも、UPSのウェブサイトで追跡が可能です。

bty

UPSでもヤマトでも追跡可能。ヤマトならではサービス利用も。

UPSのサービスに電話すれば、ヤマト運輸の方の追跡番号も教えてもらえるので、クロネコの各種サービス(受取場所変更など)が利用可能になります。

ユーピーエス・ジャパン株式会社 お客様サービスセンター
0120-74-2877
(2019年3月現在)

関税の支払いも煩わしさなし!

関税の支払いについては、いたって簡単。クロネコさんから荷物を受け取る時に支払えばOKなんです!普通の荷物の着払いと同じです。ヤマト運輸側で、関税の立替をしている形なんでしょうかね。

ちなみに、関税はブランド品なので、割と高額になります。

今回、荷物を引き受けるうえで、いろいろとヤマトのサービスを研究しました。本当に日本の宅配サービスは優秀ですね!発送関係の仕事の強い味方です。

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ


にほんブログ村

♪「資料請求」からはじめよう♪

この記事を書いている人 - WRITER -
すあま
ねぇ!私ジャニオタ! (すっぴん部屋着でパソコンに向かい、自担への献上金づくりをしています。基本スボラ主婦。現場では別人。)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャニオタ主婦の在宅ワーク覚え書き , 2019 All Rights Reserved.